LIBRARY

ライブラリー

シャネル 持ち手修理

シャネル 修理

クローゼットにしまっておいたらいつの間にか持ち手だけボロボロに…

原因は合成皮革の経年劣化です。

合皮を使用する上で避けては通れないのが加水分解。

湿度の高い場所で使用することで水分との化学反応を起こします。

すると、表面がベタベタ、ボロボロになってしまうのです。

合成皮革の劣化

このままでは使うことができませんよね。

そんなときは持ち手を作り直して交換!

シャネル 修理

本革を使用することで耐久性UP。

元に近い色へ補色も施しました。

シャネル 修理

 

インスタグラムに施工例を多数掲載しております!
Instagram
お問い合わせはラインでお気軽に!
ライン@
お問い合わせフォームはこちらです。
お問い合わせフォーム

革靴とバッグのメンテンナンス専門店
ルネートゥル札幌本店
〒060-0002
北海道札幌市中央区北2条西2丁目41番
札幌2・2ビル 1階
tel.011-242-7000
fax.011-242-7001
営業時間 10:00~19:00
定休日:水曜・祝日

Categories : REPAIR

comment

シェア